連珠幼稚園 14

日本連珠サービス (NRS) 四段 小林 高一

「幼稚園」の皆様、こんにちは。前回は三の止め方を勉強しました。

今回は「ミセ手を打ってみよう」です。

ミセ手は三、四と打つより、まず防ぎ手が多くなり、 最善を防ぐことが、かなり見つけづらくなります。 そしてもう一つ、三や四を「二度使える」というメリットがあります。 実際に打ってみないと理解しづらいかもしれませんが、 打つ手を固定化しないことが大切だと覚えて下さい。

b 04 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・・・●●・○●・・・・ ・・・・・○・・・○・・・・・ ・・・・・A・●●●○・・・・ ・・・・●○○・●・・・・・・ ・・・・・・○・○・・・・・・ ・・・・・・・●●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

【例題1】Aの四三を防ぎましょう。
強弱は問いません。

* さて、白の防ぎは何ヵ所ありますか?
5ヵ所? 10ヵ所?

(解答ページへはのクリック)

【おまけ】 この図で黒が三々になるところは何ヶ所でしょう?答は最後に

b 05 03 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・○・●●・・・・・ ・・・・・○○●○○○・・・・ ・・・・・・●・●●○・・・・ ・・・・・○・・・・●・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

【例題2】 ●黒先、ミセ手を打って勝ってください。 (♪)

もちろんミセ手以外では勝てませんし、 「ミセ手」と言っているのですから、だいぶヨミ易いはずです。

(解答ページへはのクリック)

(♪) 転載者注:白石が1つ多い配石ですが、そのまま転載しています。

さて、ミセ手がすこし判りましたか。

続いて3題、ミセ手を使って勝つ問題です。

何れも「黒先追い勝ち」で、ミセ手は初手とは限りませんので、念のため。

b 04 05 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・○・・○・・・・・・ ・・・・・●○●●・○・・・・ ・・・・・●●●○・●・・・・ ・・・・○・・○・・●・・・・ ・・・・・○・○・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・

【第1問】 ●黒先

(問題を解くページへはのクリック)

b 04 04 13 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・●・○●・・・・・・ ・・・・・・○●○○・・・・・ ・・・・・○●●・●・・・・・ ・・・・●○●・・・・・・・・ ・・・・・・・●○○・・・・・ ・・・・・・○○●○●・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

【第2問】 ●黒先 (♪)

(問題を解くページへはのクリック)

(♪) 転載者注:元は問題図と解答図の石の配置にいくらかズレがありますが、 問題図を解答図に一致させて転載しています。

b 03 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・○○・●○・・・・・・ ・・・・・・●●○○・・・・・ ・・・・●○・●・●・・・・・ ・・・・・●●○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

【第3問】 ●黒先

(問題を解くページへはのクリック)

【おまけの答】

b 04 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・・D●●・○●・・・・ ・・・・・○FA・○・・・・・ ・・・・・G・●●●○・・・・ ・・・・●○○・●・・・・・・ ・・・・・・○E○・・・・・・ ・・・・・・C●●・B・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

A B C Dの4ヵ所。

Eはタテが長連筋。 FGが四々禁のため否禁です。 解けましたか?