日本連珠社のタイトル

公式ルールブック

【 連珠ルールブック 】

連珠の基本ルール、用語、開局規定、対局規定などを公式に解説するものとして、 連珠ルールブック があります(平成21年3月 日本連珠社作成)。

やさしめに書かれていますが、“公式”であることから要求される正確さのために 全くの初心者には理解しづらい部分があるかもしれません。 次は、それを補うものです。

【 解 説 】

公式ルールブックを補足する形で作られている 解説記事です。 次の4つの章からできています。

広報・普及資料

ここに載せているリーフレットや書籍類は、 日本連珠社内で、あるいは各地の連珠会や連珠愛好家によって作成され、 連珠の普及のために公開されているものを集めたものです。 著作権は放棄されていませんが、 連珠の広報・普及目的であれば自由に複製・配布を許可しているものです (配布にあたり実費程度の負担を求めることは許される範囲内ですが、 営利目的での利用は許可していません)。

pdfファイルとして公開しています。 連珠の広報・普及のために、ダウンロードし積極的に活用して頂ければ幸いです。

【 リーフレット・パンフレット 】

連珠のルールやそこで使われる手筋等を要領良く紹介する リーフレットやパンフレット類の普及資料をここにまとめています。


連珠入門pdf版
   “連珠は初めて”という人のための入門編

連珠の打ち方pdf版
   少しは連珠を知っている人のための初級編

連珠の勝ち方pdf版
   連珠を楽しみ始めた人のための上達編

上記3つのリーフレットは東海連珠会で作成されたもので、 全くの入門者から上達し始めた人までを対象にした3部作です。 pdf版のそれぞれはA5の4ページですが、 両面印刷でA4の1枚となるように作られています。


A4パンフ
   岡部九段作成の「連珠とは?」の解説パンフレット

ルールと解説

'連珠とは'に始まり、連珠のルールと打ち方の解説
(多摩連珠会でA4両面印刷・ラミネートして利用されています)

連珠ドリル-1連珠ドリル-2

これらは次の一手を問うドリル問題の1, 2で、 多摩連珠会やツイッターで利用されている問題をまとめたもの。連珠世界にも掲載

連珠テクニック講座I

小学校低学年でも分かる連珠入門書です(A4 38ページ)。 内容は大人でも充分参考になります。

【 小冊子 】

小冊子形式にまとめられたフリーの連珠資料です。


六路盤詰連珠作品集-1

六路の盤での詰連珠問題集で、初・中・上級編を含みます。
A5版24p.、第2版(2012.12.16)の第2刷(2017.11.1)

六路盤詰連珠作品集-2

同。A5版24p.、初版(2012. 3.11)の第2刷(2017.11.1)

六路盤詰連珠作品集-3

同。A5版26p.、初版(2012. 6.10)の第2刷(2017.11.1)

六路盤詰連珠作品集-4

同。A5版26p.、初版(2012. 9. 9)の第2刷(2017.11.1)

六路盤詰連珠作品集-5

同。A5版44p.、初版(2012.12.16)の第2刷(2017.11.1)

上記5小冊子は東海連珠会・真野五段によって作成されたもので、 より詳しい情報は 東海連珠会ホームページ の「連珠資料」で見ることができます。

【 書籍 】

書籍形式の連珠資料です。 連珠本として販売する価値のあるものですが、広報・普及に役立つことを目的として、 フリーのpdf書籍として配布されているものです。


一手の詰連珠

一手打つと確実な勝利形となるという易しめの詰連珠問題集。
A6横長版142p.、初版(2014.9.1)の第2刷(2017.11.1)

一手の詰連珠HT

上記のハイパーテキスト版(A6横長相当で282p.)

一手の詰連珠(簡易版)

配布しやすいよう、各章の前半1/4をまとめたA6横長版40p.

連珠の基礎

初級者から入段を目指す人までに役立つ本格的入門書。
A5版209p.、初版(2015.3.1)の第2刷(2017.11.1)

連珠の基礎HT

上記のハイパーテキスト版(A6横長相当で935p.)

上記5書籍は東海連珠会・真野五段によって作成されたもので、より詳しい情報は 東海連珠会ホームページ の「連珠資料」で見ることができます。

強くなるための連珠講座

【 河村九段の連珠講座 】

かつて連珠社ホームページに掲載していた連珠講座を復活します。 連珠が強くなりたい方はまずこれを読みましょう。

京都連珠会ホームページにも同じ内容の講座が掲載されていますが、 著者の了解のもと、 より多くの人に知ってもらうためこちらにも掲載します。

初級編

第1回:連珠って何?

第2回:どんどん攻めてみよう

第3回:黒の勝ち方(1)

第4回:黒の勝ち方(2)

第5回:黒の勝ち方(3)

第6回:黒の勝ち方(4)

第7回:黒の勝ち方(5)

第8回:白の打ち方

第9回:白の勝ち方

第10回:心構えなど

中級編

第1回:けん制手を覚えよう

第2回:困った時に使う手筋

第3回:形勢判断が大切

第4回:価値の高い手を打とう

第5回:盤端を意識しよう

第6回:白を持ったら禁手を狙え

第7回:ノリ手の活用法

第8回:いい形を目指そう

第9回:詰め連珠を解こう

第10回:連珠のセンス

【 河村九段の研究ノート 】

河村九段がかつて連珠世界誌に連載した研究を、 著者の了解のもと、再掲載しています。

浦月四題目の解明

図1にある黒1・白2・黒3の形を浦月(ほげつ)と言います。 白は図2の4が強い手ですが、黒5では図のA, B, Cのいずれでも黒が有利とされています。 有段者の対局では、 「四珠交替打ち」や「題数打ち」と呼ばれる開局規定を使いますので、 黒は5を自由に打てず、更に4つ目や5つ目等の候補を示す必要があります。 黒5の4つ目として、図3の5が良さそうだとは言われていましたが、 これで黒有利かどうかは明確でありませんでした。

 図1. b 07 06 10 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・02・・・・・・ ・・・・・・・01・・・・・・・ ・・・・・・・・03・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・  図2. b 06 06 11 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・04・02C・・・・・ ・・・・・・・01・B・・・・・ ・・・・・・・・03A・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・  図3. b 06 06 10 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・040502・・・・・・ ・・・・・・・01・・・・・・・ ・・・・・・・・03・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

本研究ノート「浦月四題目の解明」は、 その疑問を解明しようとした意欲的な検討結果です。 「連珠世界」誌の2011年10月号〜2012年7月号まで 10回にわたって連載された記事の転載となっています。

雲月・雨月桂馬挟みの研究

図1にある黒1・白2・黒3の形を雲月(うんげつ)、 図2にある黒1・白2・黒3の形を雨月(うげつ)と言います。 いずれの図でも白4と桂馬挟みに打つのは強い防ぎの1つですが、 これらは上下対称の同形となります。 同形なので図1を元に考えることにして、 白4までの図に対して図3にある黒5の三は、 白6と防がれ以前は黒良くないと思われていました。 しかし、最近の研究では黒悪くないのでは、と言われるようになり、 実戦でも時折見られるようになっています。

 図1. b 07 06 10 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・02・・・・・・ ・・・・・・・0103・・・・・・ ・・・・・・・04・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・  図2. b 07 06 10 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・02・・・・・・・ ・・・・・・・0103・・・・・・ ・・・・・・・・04・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・  図3. b 06 06 11 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・02・・・・・・ ・・・・・・05010306・・・・・ ・・・・・・・04・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

本研究ノート「雲月・雨月桂馬挟みの研究」は、 図3以降の黒の打ち方を調査・研究したもので、 「連珠世界」誌の2015年12月号〜2016年9月号まで 10回にわたって連載された記事の転載となっています。



【 今後も様々な観点からの、様々な方々を対象にして、 読みやすく分かりやすい連珠講座記事を掲載していく予定でいます。 ご期待下さい。 】