第15回世界選手権 (2017年、台湾・台北)

第15回世界選手権は、 2017年8月に台北市で開催されました。 詳細は、大会の ホームぺージ をご覧下さい。

その代表選手選考会を兼ねた全日本連珠選手権戦 (愛称:珠王戦) は 2017年3月25日(土)、26日(日) に東京都江東区芭蕉記念館にて行なわれ、 日本代表選手は以下の通りとなりました(2017.7.18)。


上位5名がATに進出できる QT には世界の強豪28名が参加し、 中山智晴七段が1位で通過しました。 小山順六段は7位、 岡部寛九段は9位、 舘雅也五段は15位でした。

AT の結果は次表をご覧下さい。

BT (オープン大会) には、30名が参加し、 小山順六段は3位、 岡部寛九段は5位、 舘雅也五段は13位、 達冨弘之六段は24位でした。

なお、WT (女流選手権) への日本からの参加はありませんでした。

第15回世界選手権 AT成績表
選手名 123456789101112 勝点Coeff.
1V. Sushkov 9.548
2J. Zhu 834.5
3S-H. Lin 7.534.75
4中村 茂 732.5
5G. Qi 6.533.25
6神谷 俊介 6.528.5
7中山 智晴 522.75
8F. Mei 519.75
9H-Y. Lin 415.5
10L-M. Lin 3.511.25
11Y-C. Chou_Huang 26.5
12P. Makarov 1.510.25

詳しい対戦成績や報告は、「連珠世界」2017.9以降の記事を参照して下さい。