第40期全日本連珠名人戦・第1局
2002年10月13日
The 1st game of 40th Meijin Title Match.

先黒 長谷川一人九段 − 白 山口 真琴七段
[TB](B) Hasegawa 9Dan - (W) Yamaguchi 7Dan

両者必死の攻防

第40期連珠名人戦名人位決定五番勝負の第一局が10月13日(日)、東京都練馬区・日本連珠サービスにて行われた。 午前9時半に長谷川九段・山口七段が揃い、立会いの久保五段の開始宣言で熱戦の火蓋が切られた。 仮先は長谷川九段。珠型は長谷川氏得意の『疎星』。 序盤は一進一退の攻防が続くなか、黒19に対して109分もの長考の末着手した山口七段らしい白20が炸裂。 負けじと長谷川九段は黒21を93分の長考で打つ。 徐々に白優勢の局面となりつつあったが長谷川九段の粘りもあり、両者ともに時間に追われる展開となった。 秒読みとなった黒の必死の四伸びの際に、白の両勝ちが出現、結果、山口七段が先勝となった。 山口七段は19年振りの挑戦手合いの勝利。

珠形(Opening)
  疎星(D3)

対局日時
 2002年10月13日
 9:30 - 17:45
   (途中1時間昼食休憩)


消費時間(Time)
 黒 210分(秒読)
 白 210分(秒読)


結果
 白96にて黒投了
 White won!

立会い
  久保出美五段

時計・記録
 久富隆洋六段
 岡部 寛六段


場所
日本連珠サービス


観戦者(順不同)
 丸田光治
 蔵本嗣治
 田所豊斎
 小野孝之
 坂田吾郎
 小嶋茂稔


【 Java appletによる棋譜表示を提供していましたが、
現在は利用できない状況になっています。 】


山口七段のコメント
「黒19を見たときに白20が一瞬ひらめいたが、その後の左上辺の追い勝ちが確認できなかった。また、白20の他の手を検討を重ねているうちに時間が過ぎてしまってその後の展開が苦しかった。」
長谷川九段のコメント
「黒21はココが最善と思う。他は白勝ちがあり」

※解説は「連珠世界・02年12月号」を御参照ください。

◆立会人・久保五段 ◆山口真琴九段(白)
◆長谷川一人九段(黒) ◆昼食休憩後